ガラス繊維管、ヒューズとカットアウトチューブ、メラミンガラス繊維管 - 最高の加硫繊維チューブの電気。

ニュースセンター

詳細

生産安全に貢献する設備管理の強化

配图4.jpg

 

電気機器のメンテナンスはしっかりと行い、安全の紐を締める。

日常業務においては、「安全第一」の基本原則を継続的に実践し、設備の運転・保守の考え方と実際の運用の両面から予防効果を上げることが必要である。電気設備の日常運転については、日常点検の周期、点検内容、順序をあらかじめ決めておく。日常の保守点検では、設備に過負荷がかかっていないか、短絡保護装置は正常に作動しているか、設備の絶縁性能は良好に保たれているか等を点検する。電気設備の運転者は、いつでもどこでも設備の運転状況を明らかにし、常に良好な運転状態を維持し、事故を未然に防ぐようにしなければならない。同時に、生産部門と事業部門は、電気設備の運転管理仕様書、保守運転仕様書、オーバーホール仕様書などの関連規定を絶えず改善し、仕様書を厳格に遵守して、専門的で効率的な作業を確保し、電気設備の安全故障を効果的に防止し、安全上の危険を排除しなければならない。

優れた安全教育と訓練を行い、常に安全の心を持つ。

電気設備安全事故の発生は、実務者の専門技術不足によるものばかりではなく、多くの場合、関係者の心に事故の重大性に対する認識がなく、警戒が不十分であることが原因である。"安全生産は甘さよりも厳しさ"安全は人によって達成される。安全を把握したければ、まず人の心を把握しなければならない。また、すべての生産・事業部門は、第一線電気設備の作業者に対してシステム安全教育を実施し、安全生産の主な意識を確立すると同時に、「安全距離、電気絶縁、安全通電容量、危険識別」などの細部から着手し、実務者に対する教育を強化すべきである。専門的な知識教育により、相応の安全操作知識を取得し、違法な操作を排除し、実務者の全体的な安全品質を向上させると同時に、作業態度を是正し、作業レベルと地位が電気設備の安全操作の要求を満たし、危険を未然に防ぐことができ、真に個人の安全衛生作業と企業の持続可能な発展を実現することができる。

企業の安全監督を実現し、安全の扉を守る

安全監督者は現場に行き、様々な安全でない状況を適時に正確に把握し、企業の生産と運営における安全の弱点をリアルタイムで分析しなければならない。いかなる安全でない事故に対しても、「四不離」の原則を堅持し、事故の原因を離さない、事故の責任を離さない、予防措置を離さない、従業員の教育を離さない。以上。絶えず安全生産の法則をまとめ、分析し、生産工程の設備と人員の操作の問題点を見つけ、企業に改善策と提案を提出し、その場で監督し、実行する。

したがって、電気設備の安全管理の基礎を十分に固め、管理技術と管理措置を絶えず改善し、関係者の責任意識を高めてこそ、電気設備の使用がますます一般的になっている今日、安全事故を全面的に防止し、企業の安全に貢献することができる。

jaJapanese